読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20才ひきこもりの 「ディーン」のブログ 『朝サーモン』

正確には21才です ”ひきこもりここにも生きてます”をテーマに引きこもりのあれこれをさみしくなった時に書いてます 過去の自分がこのブログを見て楽しめるように 過去の自分がこのブログをみて肩の荷が下りるように そんな思いで書き始めました ひきこもりの飲み会に参加してボクが思ったことや 中学校から脱走した経験、そして引きこもったこと、高校を挫折した経験 料理したり100均で便利グッズ買ったりたまにイオンで服買ったり そんな日常を書いていこうと思ってます  「月一更新です」

無知なボクにスマホが必要な理由教えてください

ついYouTubeを見てしまうよ😁 


f:id:kotobadaisuki:20170322140151j:image

皆さんいかがお過ごしでしょうか

こんにちは、ディーンです

最近は友達とあったせいか疲れてしまい

体が動かなくてYouTubeで「はじめ社長」の動画を見すぎて面白いのですが

現実から逃げてる気がするし

頭痛くなって後悔するみたいなことが

よくある引きこもりライフを送っています

 

YouTuberの苦労をみました

はじめ社長の動画でニベアという体に塗るクリームでお風呂をつくってました

しかし、クリームでお風呂を作ったことに視聴者から批判が殺到したらしく

謝る動画をはじめ社長が出していて

はぁそんな感じで気をつけながら動画をつくっているのだなと苦労をボクは感じました

 

スマホを買ってもらったよ

スマホを買ってから1か月が過ぎました

感想ですが

良かったところ

・電車とバスの時刻が簡単に調べられる!

・ラインでサクサク会話ができる!

・庭に来るネコの写真がきれいに撮れる!

ツイッターの通知をすぐに受け取ることができる!

・インスタグラムに撮った写真をのっけて「いいね」を押せるし押してもらえる

 しきれいな写真を気軽に見ることができる

・音楽をyoutubeでパソコンの起動時間待たずして聞くことができる

 

って感じで暇な時間が少なくなりました( ´∀` )

ほんとにバスの時刻がすぐ知れるのは田舎に住んでて時刻表を見る手間によって外に出

る気が無くなっていたのですがそれがなくてバスで移動することが多くなりました

それまではマミーの車待ちをわざわざしてたので親離れにつながったのではないでしょうか

けど、携帯でもラインも時刻表も見られるのでスマホに変えないでネットにつなぐだけ

でも良かったのではないのかと

だって月々6500円ですよ

ひきこもりにスマホはいらないような気がします

携帯で十分なんじゃないのかなって思います

高校時代の優しい男友達にスマホに変更したことでfacebookを初めて電話番号登録したことでつながってご飯食べに行きました

友達が車にのってて大人になったな~

あの人が車に乗るなんて

と成長を感じましたし

高校時代の他のクラスメイトの近況を聞くことができて安心しました

、が友達に会うのは2か月に一回くらいでいいのではと思います…

彼に「さすがにスマホの必要性感じたから携帯からスマホに変えたんだ」って

いったらすぐさま

「当たり前だろ」って

言われました

そう、なんですかね?

彼は職人系の仕事していて

仕事してると必要なんでしょうねと推測します。

 

コメントのところに

スマホが必要な理由」

をボクに皆様、教えていただけないですか?

 

スマホがあってよかったと思った瞬間を書いてもらってもいいですし

1年間くらいの長い間募集しますので

ブログを書いてから時間がたっていても気にせずにスマホが必要な理由教えてください!

 

 

ひきこもりが勉強を始めたのですが頭痛くなってやめました 「genuinely=心から、真に」?等覚えたけど頭痛いです

はい、題名の通りです

超機嫌悪くて頭痛いです

散歩して機嫌直そうと思いましたが

治りません

いや~

頭の痛さってすぐにはこなくて

頑張った翌日にズドンってストレスは来ます

本格的に頭の痛さ来るまでにはどれくらいストレスがかかってるのかわからないんですよね

ゆえに面白くなって頑張って頭痛くなってベットのうえで頭痛くて辛くて

生きてなければ良かったとか考えたり

日常が苦しくなって辛くなってしまうんですよ

これが多分うつなんだと思います

しかし…作戦立てていだんだのですけどね

効率のいい勉強方法等ネットで調べてから勉強に挑んだのですが

結局は…頭が痛くて…

悲しすぎます

この文章書いてる時も軽く頭痛くて

はあ、今日夜かるく野菜炒め作れましたけど

やっぱ調子悪すぎます

昨日はもっと頭痛くってやっとブログ書きたくなったんです

今単語を覚えたら昼間みたいにきっと苦しくなります

 

飲み会中止とは何の関係もありません

 

前からわかってはいたんですがこの年齢になってもなるとは思いませんでした

1年前も全く同じパターンのうつ来たんですよね

なんてすぐにあの痛みを忘れてしまう頭なのだろうかと

自分に対してあきれます

 

はあ、せっかく大学とかちょっと夢見てたのになぁ~

確実に家で勉強とか頑張ることしないでブラブラしてれば頭の痛さはなくなります

けどね

勉強楽しさは確実にあったから頭痛くなくなるんだったらしたいなって思ってます

最近、近くの公園で野良ネコと触れ合ってる時に気が付いたんですけど

頭の痛さって寂しさなのかもって思ってます

ネコと触れ合ってる時って頭痛さが消えるんですよね

勉強ってしてみたらすっごい孤独なんですよね

ぼくはあの孤独感にまだ耐えられないんですよ

ボクこの頭の痛さは孤独感と恐怖感の二つから成り立ってるんだな~って強く思います

詳しくはボチボチ次回以降語って行こうと思っていますが・・・

 

頭にストレス掛けないようにネットに書いてあった首に温かいタオルまく方法とか使ってストレス回避して勉強していたつもりだったんですけど

あとはお風呂に入りながら単語覚えるとかしました

けど、いまのぼくには勉強するだけの脳のスペースがないっていうか

何なんでしょうね

自分の脳を軽く恨みます

集中的に勉強に打ち込みたくなっちゃうっていうか

他のこと料理とかのんきな考え事とか飲み会で話したこととか

もすべて思い出せなくなって苦しくなってしまうんですよね

日々の何気ないのんきな考えごととか「明日、何食べよう」とか

考えることが大事なんだなーって気が付きました

 

それでも少しは英語の単語覚えましたよ

文法とか

例えばhas been で 今までにしていた だったかな?~

seem は「ようにみえる」とか…

ア サウザウンド マイルスっていう英語の曲の歌詞の和訳と

英文の歌詞全部覚えたり

始めは楽しかったのに…

1か月前から始めたけど

今は頭が痛くて

とほほ

 

あと勉強とは少しズレますけど

円周率100桁覚えました

けどママには「意味ねー」って言われました

「確かに」ってボク

 

あとフィボナッチ数列とか知りました

ひまわりの花の花粉の形がどうたらこうたらこうたら

みたいな感じのこと知りましたかっこいいです

一瞬だけどテレビドラマのガリレオ気分味わいました

 

名前だけ「メルカトル級数

名前かっこよすぎ!!!!

弟がキッチンに忘れて行った

東進の世界史の教科書1時間くらい全体パラって読んで

元老院とかフビライとか隋唐とかあと…

何だっけ

アルキメデス

超有名!~~~

けど世界史の教科書にこんな感じのこと書いてあるってことくらいは知りました

いろんな世界があって僕らはこうして世界に住んでるんだなーって知れました

ボクもフツーに学校行けたらな

 

しかし

しかし

しかし

頭が痛くならなくて

フツーに引きこもっているけど

静かに暮らせるほうを優先します

勉強してフツーの学歴を持ってる自分しばらく

いや、永遠?取りあえず諦めます

これがひきこもりの現状です

ひきこもりのではなくですね

「ボク」の現状です ですね

勉強に打ち込んでも頭痛くならない頭ほしい

I want never shock ノウミソ―(「頭にけしてショックのない脳みそが欲しい」っていってるつもりです)

って感じですかね

 

 

would と will

使い分けは感で行くしかないですよねって思いました

困惑させられました

 

学問って単純に面白いなって思いました

どの教科もそれぞれ面白さがあって

そこにはそれぞれの教科は当然昔の誰かが

築いてきた基礎の上に日本語も英語も数学も社会も

成り立っていて

 

 

学問の世界をもっと知れたらなって

思います

たま~に図書館で数学の本かじるくらいにしようかな

あたままた痛くならないといいけどな~

 

 

 

 

 

 

 

 

ひきこもりはなまけているんじゃありません!「正念場だから学校においで」って言われても・・・

こんにちは、ディーンです

やっと今年がスタートしたと思ったら

2017年1月の最終日にとうとうなってしまいました

地球君は相変わらず寒いです。

寒いってことは何かに悩んでいるんですよきっと!

何に悩んでいるんでしょうか?

火星ちゃんとおやつの取り合いでケンカしたんでしょうか?

もうじきやってくるバレンタインに火星ちゃんから友チョコでもいいから

チョコレートもらえるか心配しているのでしょうか?

 

男子なんですがチョコづくりでもしてみようかと考えてます

最近は「カカオ85」っていうチョコレートを目覚めてお腹空いたときと

夕方ご飯を作る気が失せたとき5、6個口にほおばります

チョコレートっておいしいですよね

ケーキはやっぱりイチゴかな

チョコケーキも好きですよ

1月から春にかけてはイチゴのシーズンじゃないですか

スーパーにはイチゴが入り口に堂々と並べてありました

アイドルも好きな食べ物は?「イチゴ」みたいなこといますし

かわいい食べ物ですよね

野菜と果物を性別に分けるとしたら

イチゴは女の子だと思います

ananって雑誌読んでそう

ananはまだ早いかな・・・

にんじんと大根は男子かな

大根は60才くらいのおじさんっぽい!孫にお年玉いくら入れようか悩んでそう

 

イオンに買い物をママりん(母)とたまに行くんですが

そのときに本屋さんでチョコレートの作り方をさっと立ち読みしました

パフをいれてサクサクにしたり

板チョコを湯煎して低温で溶かして方に入れる方法とか

生クリームを入れるチョコとか

カラフルな飾りつけしたりとか

あとはガトーショコラの作り方の本がありました

つくろうかな~どうしよっかな~

 

本題です!

ひきこもりって楽そうとか

学校にほんとは行けるんじゃないとか

怠けてるんじゃないかって

そう思っている人もいるんじゃないでしょうか

体から力が抜けて頭が痛くなっていく感じ

そうなったら寝ているしかありません

きっと手も足もしっかりあって見た目てきには何の問題もないし

自閉症みたいに友達や会社の上司と話ができないわけでもありません

ただ、毎日会社勤めしている同世代の人に比べて

少しの時間しか体をスムーズに動かすことができないんです

それが問題なんです

 

 

高校生の時、学校の先生に「正念場だから学校においで」

って言われたことがあって

そういうことじゃないんだよねってその先生のこと

けっこう信頼してたのでがっかりしました

そういわれて行けたらとっくに行ってるんです

何より学校にいけないということは

労働から離れることですから

その恐怖感はすざまじく

何も悩んでいないのんきに過ごしているように見えたとしても

怖い気持ちになっていました(今も少しなります)

だから引きこもるのは確かに学ランをきて自転車にのって学校に行く弟のまろりんみた

いに朝、起きたくない自分と格闘することは絶対にありません

だからと言って楽なだけではありません

何もしていないとつらくなるってことに気が付いてくるんです

けど体は動かないだからテレビ見るそれがボクでした

このテレビがユーチューブになる人もいるんだろうし

ファイナルファンタジーになる人もいるんだろうし

マンガ「ハンターハンター」になる人もいるんだと思います

 

不登校になる前はテレビを見ることだけが幸せでした

エンタの神様」おもしろい 

笑いの世界ってこんなに素晴らしいんだ

ずっとこの世界だけを見ていたいって

この世界が素晴らしいってね

中学一年生身長155センチのボクはそう思っていました

帰ってきたら宿題して早く部活の疲れをいやすために

ベットにいって眠りにつかなければいけないけれど

そんなこと自分ではわかっているけれどなぜかテレビから離れられない

次の朝、寝坊して部活動では雰囲気的に居づらくなるし

宿題もしてないから担任の先生の顔も怖くなってました

そんな感じでテレビに吸い込まれました。 

 

高校は通信制高校で毎日通っていいタイプでした

先生たちもよっぽど暴力的な問題と犯罪でない限り

圧力とかあれをやらないとペナルティは絶対にない学校ですし

先生たちも気が弱めだったり

気持ち的や金銭的な苦労のどちらかをした感じの先生

誰かを助けたいという思いが強い方がそろっていたと思います

 

クラスもあってひきこもりとか不登校のボクらに対して

公立の先生みたいに無理に「ガッコーに来い」とそういう雰囲気さえも出さないし

電話がかかってきたとしても

「今日はどうした」からはじまり「昼飯は何食べた?」みたいな雑談をしてくれる

先生たちでした

 

そんな恵まれた学校でも先生たちの中に本格的に学校に行ってませんでしたっていう人はいないし

長い間本格的に引きこもりの環境から先生になれる人なんてほぼ100%いないし

そんな人は学校に当然のように近づかないだろうし

そこの学校にいる先生たちの中でひきこもり経験がある人が

いたけどやっぱり1年間高校生の時に引きこもってさらに1年間大人になって引きこもった程度で補助教員だったし

 

メインで働いている教師はみんないろんなことで確かに悩んできた人たちだろうけど

ひきこもってはいなくて普通に受験に悩み恋愛に悩み

子育てに悩んだ王道路のメインロードを歩いている人々で

体が動かない感覚をわかる人ではなかったです

その通信制高校は「ちょっと中学校に行けなくなった人を働くために高卒をとらせる」

がメインの仕事なんですって改めていまボクは思います

 

そもそも、精神科医でも深刻なひきこもりを社会で独り立ちさせるのが難しいのに

通信制高校にそれをしてくださいっていうのは間違ってますよね

 

けど、「正念場だよ」は腹立ちました

 

贅沢を言えば一人でもいいから当事者側の方をその高校に雇ってほしいです

う~んなんかね

やっぱり仕事が違うとライフスタイルや好きな居酒屋が変わるのと一緒で

引きこもっていると普通に学校にいっている人たちと当然のごとく好みが違ってしまうのを感じて

その違いが怖いんですよね

 

 

はい、そんな感じの話でした

いかがだったでしょうか

今回は結構高校時代の話をしました

いやー4年前のことだけどそんなこともあったなー

ってかんじで昔のこと思い出せるときって幸せです

ブログがなかったらこんな文章書かなかったから

誰かに伝えるってことがなにかモチベーションになってますね

 

散歩していたら椿の身が3つに分かれて種がまだ4つのうち2つ残っていました

そんな季節です

寒くなってから散歩道で日向ぼっこしているネコを見かけなくなりました

暖かいスポットがあるのでしょうか?心配です

彼らにまた会いたい

そんな思いと共に今回のブログはおしまいです

 

センキューソーマッチ

カッコつけてリアルな世界では 使ったこともない英語でさよならいいました

 

end

 

 

 

 

精神科ってどこまで進化してるんですか?

最近はレモン切った断面が大好きです

すっごくきれいじゃないですか

今回はレモンみたいにちょっと酸っぱい話をしようと思います

 

前に精神科の話を書くってブログで書きました

現実世界で見たよってこないだいってもらったので

そういう少数のファンを大切にしていくブログそしてボクになりたいと思ってます

 

やっぱりボクがうつ病(精神科には診断されてないけど)頭痛くて勉強とか仕事に毎日通うとかできなくて結果的に引きこもってるんですよね

ボクがうつ的で家庭的な問題なのかなって思うんです

親戚にもうつ的な人働いてない人3人知ってるんですよね

僕の親世代はほんとによく堅実に働いたりそこそこの職に就いてるんですけど

ボクの世代から問題ある子がうちの親族には結構生まれたんですよね

 

で彼女たちは精神安定剤飲んでるって話風のうわさでママとかから聞くんですが

気持ちが一時的に落ちつくだけで労働に結びついていないんですよ

それに客観的にみて家族関係悪くなると精神障害悪いの理由にして高い入院費をどこからか捻出して入院して逃げ込んでるようにいとこのボクからは見えてるんですよね

逃げ込めるところは重要だし避難の仕方が彼女にはそれしかないんだと思うので正解なんだと思いますがちょっとボクは入院費が高いってのが気になってますよね

 

やっぱりがん治療とかはすっごく物理的なものだからか技術がすごく確率している

のがテレビとかで見ていてわかるんです

ちゃんと治るじゃないですか 寿命を手術した方が長生きしているじゃないですか

けれど、現在の精神科はカウンセリングして一時的に落ち着かせるのが限界ってボクは話を聞いて思ってます

いい先生に出会ったらまた別なんだろうけどね~。

どうなのかな

いとこが精神薬支給されている感じ見ても幸せそうな感じしないんですよね

災厄のことをふせいでいるのでしょうね

けど、精神科への不信感みたいな気持ちがいとこのこと見ていて

おもってしまいます

 

精神薬も若いころから使わない方が望ましいみたいですね

精神安定剤飲み会に来ている人で飲んでやっと飲み会で人と話できる方来てます

そういう人の話すっごく興味深いし明石家さんまの笑える話より聞きたいんですよね

けどその人うつ病が嘘みたいに口うまいんですよ

百田尚樹みたいに結構エグめのこというんですけど

場を盛り上げたりもできるんですよね

 

ボクは家にいられれば暴発したりはないのでまだ精神薬のお世話にならなくてすんでますがやっぱり働けないとそれに伴って同世代がしている車乗ったり友達と出かけたり

結婚したり買い物したり旅行したりできないじゃないですか

あと、仕事の責任感とか達成感とか信頼された感じとか人間関係が仕事で広がっていく感じとか味わえないのはすっごく寂しくなったり

とっても人恋しくなってつらくなったり結構な頻度で思うんですよ

引きこもるのって楽してるって思われるのかもしれないけれど

つらいんですよ

怠けてるとか「正念場だね」とか高校の先生に言われたけれど

先生はボクのこと思って言ってくれたのはわかるけど

ひと踏ん張りできたらとっくに社会生活してるんですよ

そこのところ普通に生きている人にわかってほしんだけどね

ボクの親父もそうなんだけどひきこもりっていうだけで

幼稚園児にかける言葉かけないと傷ついてしまうって思ってる人いるみたいなんですがそれは大きな間違えなんですよ

圧力的な態度とられなければすぐに傷ついたりしないんですよ

ボクの場合ですけどね

 

精神障害認定してもらうためには1年半くらい精神病院に通わなくちゃいけない

みたいなんですよ

精神障害認定してもらって障がい者年金で生活費をいただけるみたいなんですよね

20年後くらいの未来の話なんですが怖くてよるとか一人で調べたりしちゃうじゃないですか

ボクは40歳くらいになっても働ける兆しがなかった時の最終手段ですって思ってますが・・・どうなんでしょうか?

ひきこもり業界ですっごく有名な勝山先生もそんな感じで生きているみたいなんです

 

2017/01/15 のひきこもりの飲み会 に行ってきました!                「ひきこもりはネコ好き?」 

「小さくて何気ない幸せ」

 

はい、題名の通り飲み会に行ってきました

2017年始まって初の飲み会でさらに言えば

家族以外で人に会うの初めてですかね…

引きこもっているとそんな感じの具合で引きこもってしまいます

最近は朝起きるとチョコレートを食べて血圧あげるようにしているんですよね

ずっと夜キッチンでパジャマのポケットにチョコを入れてから起きるまでポケットにい

れていたせいでチョコがボクの体温でチョコが

全部解けてしまったので袋の先っちょをストローくらいの長さにきって吸ってチョコを

吸って飲みました

バレンタインでチョコ作ろうと思ってます

男子なのですが料理好きなんで

ほうれん草とベーコンとニンニクでペペロンチーノ作ったりします

ひきこもりで頭痛くて起きれないときもあるんですけど

調子がいい時は料理作ったり

ママとスーパーにお惣菜買いに行ったり

そういう家事できるようになったのここ1年の話で

その前までは本当に洗濯も食事作ることもできませんでした

ちょっとずつ頭痛いのと付き合い方うまくなって行ってるんですかね?

テレビ見てたのも見ていないとなぜか頭痛いたくなってしまうんですよね

 

話戻ります

ちなみに私が食べたのは「カカオ85%」っていう濃すぎて苦い商品です

って感じの小さなハプニングが起こって幸せでした

引きこもっていると

集団で起きるようなトラブルとか幸せとか

良くも悪くも起きないんですよね

 

「飲み会で話したこと」

ひきこもりはネコ好き?

う~ん、何話したんでしたっけね

確か、ネコの話で盛り上がっていた人がいましたね

ボクも高校生の時にクラスで孤立して帰りの道でネコを見つけてさみしさを

癒してもらって以来、ネコ好きだし

どうやらひきこもりの人はネコ好きが多いらしいですねって話も聞きました

ネコ好きの人は犬好きの人よりも頭がいいって言った人がいたんですけど

保護者の方で犬と住んでいた人がいてちょっと気まずくなってしまったり

まあ、そんなほほえましい空気感の飲み会でしたよ

 

住んでいる場所の話 いわゆる「ジモトーク」しました

街のど真ん中に住んでいるとやっぱりスタバとかラーメン屋さんにすぐ行ける場所に住んでるという話を聞いて羨ましくなりました

スタバってサンドイッチがおいしいんですよ

あのサンドイッチ食べてから参考にして家でサンドイッチ作りました

外食すると家でご飯作るアイディアとエネルギーもらえますよね?

皆さんはそんなことないですか?

スタバはドリンクも凝っていておしゃれで好きですね

ひきこもりなんで半年に一回くらいしかスタバ行きませんから安心してください!

 

隣の駅からタクシーで15分の場所に住んでいる方も来てました

ぼくんちはタクシーで言えば20分ですね

パパが家を建ててくれたんですけどバスの片道400円かかっちゃうんですよね

大学生になったら町から出ていくことを予想して作られた街に住んでます

ひきこもりだと気力ないからよけいに友達と交流したり街に出かけたりしにくい立地な

んでボクが頭痛くなってうつにならないか

パパが家を駅前に建てるかしてくれればよかったのになって

母親に雑談のつもりで話すとほんとーに嫌な顔されます

「奥さんに自分の母親のカレーよりおいしくない」って旦那さんがいうのと同じくらい

危険な話です カレー話も私の立地話も気を付けましょう

はあ、書いたものの重い話してしまいました

ボクの悪いクセです

軽くてもっとほっとできておしゃれな話できたら皆さんがブログを見やすくなるのに

最近、なぜか心的に忙しくてカッコつけたこという余裕ありません

 

すいません、飲み会のことも将来のこととか考えてしまって思い返す時間少なくなっているので少々文章が荒くなっているかもしれません

 

「イベント話は盛り上がれます」

ひきこもり関係のイベントで年一回かな?

開催される「UX会議」っていって

勝山先生が公演したり

まめたさんっていうLGBTの心を持ったことで学校に行きにくくなった人が公演したり

林恭子さんっていう「ひきこもり女子会」

を主催している方が公演していた

イベントに行ったんですが

そこに飲み会に来ている人も行ったらしくて

雑談のブースが人の会場全体の人の声がうるさくて(うるさいって表現は嫌だし言い方悪いんですがこれしか思いつきません)

何って話しているのわからなくって過酷な環境でしたね

って話とか

その会場の話とかして

いい感じの雰囲気に飲み会がなりました

共通のイベントの話盛り上がりますよ

会話に困ったら使ってみて下さい

それと

ピースボートがこないだはがっつり宣伝していたんですよ

って話聞きました。ボク的にはウケました

 

精神安定剤飲むことを「ドーピング」

精神安定剤飲んで飲み会に来ている人がいるんですけど

精神安定剤飲むことを「ドーピング」っていったり

デスノートの「L」役を演じたりした俳優「松山ケンイチ」のことを

「カメレオン俳優」っていったり 

言葉遊びが得意で

その感覚ボクと似てて好きです

「飲み会で孤立した話」

この話を1月15日の飲み会でしたら

普通に今働けている人でもそういうことあるみたいで安心しました

孤立したのは東京の飲み会での話なんですよ

まあ、しばらくは地元の飲み会で静かにしていようかと

思ってます

飲み会の雰囲気に憧れなくなって

日常の些細な幸せ的な感じに私の中で変化してきました

人に良い意味で変に憧れなくなったっていうか

憧れすぎるのってよくないってのは

高校時代経験しましたから

 

「どうしておしゃべり上手なの」って聞いてもらいました

そう、聞いてもらった時、高校時代失恋したときに相手の人から

あなたは「おしゃべりが面白くないから好きじゃない」って言われてから

話がうまくなりたいって特に思ったっていう話をしたら

飲み会がなぜかシーンって

朝四時の街を散歩したときの街の音のごとく

なりました

恋愛の話は4年たっててもしてはいけないのかな

いや、あれはタイミング間違えました

メンバー考えないとね

もっと個人的な少人数の時、話しないとね

ほら、ボクはまた成長しました

精神年齢16歳から17歳になりましたよ

 

 

仲良くなりたいからこそ近づきたくない

はい、そう思います

複数のひきこもりの集まりに行くたびに最近思い始めたことなんですけど

距離を近くし過ぎると人のいいところも見えるけど

それだけが見えてくるわけじゃないんだなって高校時代経験してしまってから

何となくはそう思ってました

仲良く話したからこそその時間を維持したくてそれ以上仲良く頑張って話しかけたり

メアドとか電話番号とか交換しなくしてしまってます

まあ、交換したとこでうつ的なので会う回数とか限られてしまいますし…

ひきこもりの人間関係ってそんな感じなんだと思います

駅までもっと家が近かったらなって思います

まあ、携帯でかけ放題設定して話してもいいんだろうけど

そんなに話せるかな

けど、結構長い間人とかかわったり話したりしたいとは思ってはいたんですけど

やっと飲み会という場所ができた感じです

たぶん10才くらいの時からもっとかかわりたいと思ってたから飲み会で話せるように

なったのは10年がかりでやっとって気持ちです

 

通信制の高校には1年遅れて入ったんですが その前の中一からの3年間も

引きこもって勝山先生みたいにひたすらテレビ見てました

高校も実質1年でドロップアウトしてまたテレビ生活に戻りましたよ

私は正真正銘の「ひきこもり」です

 

どうしてブログ書き始めたのって質問してもらいました

「どうしてブログ始めたの?」って聞いてくれたんです

しかも、ブログ読んですっごい読みやすよって現実で2人の人から言われたんですよ

あの飲み会の日がボクの誕生日です

今日から1月15日がボクの誕生日にしますね!

 

過去の自分を救いたい

 

どうしてブログ始めたかっていうと

「過去の自分を救うため」です

きっとあの本当に孤独な不登校した中学時代のボクにこのブログを読んでもらった

らどれだけ自分を責めなくてよかったか

それだけ気持ちが楽に過ごせていただろうかって

おもって始めたところもあります

いま、それもモチベーションです!

 

もちろん、今自分がこの文章を書くことが満たされた時間になっていて

何となくのイメージですが

「社会とつながった感じ」に思えて安心しているところもありますし

表面だけじゃ伝わりきれない思いとか

きっと近い考えとか

私もラッドウィンプスとかの歌詞を見ていて「共感」とかそれ私も言いたいとかって感

覚になると感動する感じが

ひきこもりの私だからこそ書ける「共感」って

あると思うんですよ

それを書きたくって

そういう感情を作りたいからって感じで書いてます

ちょっとカッコいい感じになってしまいましたかね

そんなたいそうな人では私はないんですよ

 

そんなこと最近は思ったり感じたりしてました

寝るつもりだったのに

書きだしたら止まらなくなって2017/01/18 深夜0:40分に

ディーンがお伝えしました

また、さみしくなったらブログ書こうと思います

ユウチューブの洋楽流しながら書きました

なに言ってるか英語が聞き取れませんが

雰囲気で聞いてます

 

ひきこもりがスマホ持ってもいいのかなって考えてました

メリクリハピバスあけおめ

 

やあ、読者の皆さんあけましておめでとう

クリスマスやお正月らしいことはしましたか?

ケーキを食べたりおせちを食べたり神社におみくじ引きに行ったり

帰省したりしたんでしょうね

今回は「お正月の思い出」と「好きになれる友達」と「ひきこもりとスマホ

の3つのことを書きました

 

帰省の時、飛行機や新幹線に乗れた人はうらやましいです

おばあちゃんが生きている頃は「新幹線つばさ」にのって山形まで行ったんです

飛行機はまだ乗ったことありません早く乗りたい!

新幹線つばさが小学生の時モデルチェンジされて古い方と新しい方と走ってたんだけど

小学生のボクは新しい時に乗れた時にすごくワクワクしたんだっけ

小学生ってそんなことぐらいで感動できちゃうんだよなー

 

ボクは弟の誕生日とクリスマスが重なっていたのでケーキを2回食べるチャンスがあっ

たのに1つしか食べなかったな

まあ、お茶にでも行けばいいか

スーパーにイチゴケーキってあんまり売ってなくて

チョコケーキばかり売ってることに気がついたお正月でした

お正月だからおもち食べたけど

子どものころは持ち食べるとなぜか「耳が聞こえなくなる病気」持ってて

大人になってから少し食べられるようになったんだよね

そんなこと起こるなんて病気持っていない人には思いもしませんよね

 

お年玉をおばさんからコート1着買えるくらいはもらいました

お礼の手紙まだ書いてないんです

なのでこのブログの後にでも書こうかな

おじいちゃんが生きていたころはもらったお年玉を親に全額貯金に回して高校の学費にしろっていわれて

マンガとかゲームとかまるで買えなかったなー。

お正月もそうだし最近は布団にくるまって

ゴロゴロと夕方まで自分の部屋で物思いにふけってます

元気があれば皿洗いとかキムチ鍋のもと使ってはくさいと豚肉食べたり

それで夜パソコンしてみたいな

パソコンし過ぎると頭痛くなります

それで横になったり

ボクの病気と付き合いながら生きてるって感じですかね

 

 

自分が好きになれる人

 

やあ、読者のみんな

ボクの言葉に読者なんて微々たる少数のひとなんだろうけど

ってボクはこの前までは思ってたし

それは数少ない飲み友達たちに対してもそう考えていたんだよね

けどそれは間違いだなって思ってる

少ない友達でも彼らを大切にしないといけない

少ない読者だとしても読んでくれる読者とボクのために書かなくちゃいけないね

 

飲み会にいって思った自分が好きになれる人はごくわずかだなって

テレビを小4で見始めたときは

「出会ったすべての人と漠然ととにかく仲良くなりたい」って思ってて

それは高校生の時も最近までそういう考えだったけど

やっといま自分が好きになれる人は限られているんだなって

思うようになったよ

いや、今まで付き合ってきた人を切るってい意味ではないから安心してほしいよ

みんなのことを好きになるのはあきらめるってことだよ

 

ブログ書いているとボクが接した誰かの言葉をまねたり真似されたり

しているなって気が付くんだ

それはとっても幸せなことだな

だって今までのボクの言葉はテレビの影響を受け過ぎていたんだから

現実の人たちから言葉をもらえることがすごくうれしい

過去の人たちからだってボクの記憶の中からいまだに言葉をもらうし

今になってあいつの言葉がしみてくることだってあるよ

 

なんか、コアな話しちゃったけど読者はこういうの求めてるのかな

ボクは求めているからそれでいいか!

 

ひきこもりのスマホ

高校時代に「迎えの電話しなくちゃいけないし友達と遊ぶとき連絡しなくちゃいけない

から」ってことでやっと携帯買ってもらったんだけど

ボクが高校に入った年からちょうど一般ピーポーにスマホが浸透してきたんだよね

仲良かった2人の携帯仲間が一人また一人とスマホにかえてネットに気軽に

カフェの写真とか文化祭の写真とか投稿するわけさ

ラインもどこにいても受信できて

サクサクネットライフを楽しんでるワケさ

仲間がボクができないことをどんどんしていくの見ているのは

さみしさがこみ上げてきたよ

自分だけスマホ持ってないのはつらいよやっぱし

 

ボクipodtouch で家だけで飛んでるwi-fiを使って家の中だけでライン来たんだけど

これがまた不便でね

携帯もネット使える契約もったいなくてしてないし

 

 

同級生は通信でパズドラとかゲームを一緒にプレイしているのにボクはできなかったか

らそういうさみしさもあったな

引きこもりでうつ的なボクには月5000円はもったいなくて使えなかった

でも、必要経費だと思うし

飲み会にも行くようになったし

何しろ駅で迷うし

バスの時刻プリントアウトいちいちするの大変だし

赤外線しようよってメアド交換するのカッコ悪すぎてできないし

30才過ぎたら電話番号交換しようよもありかもしれないけど

20才のボクはちょっと悩むよね

4年前にスマホで悩んでからついにスマホに変える決断しました

長かった 「スマホの合戦」はついに週末を迎え

ツイッターに写真投稿できる日が近づいて来るのだった

 

その当時はカフェにももったいなくて行かなかったからね

いまは外に出ないと苦しくなるし

アレントもそれくらいちゃんとお金出してあげるからって言ってくれて

月数回はカフェとか飲み会に行くことにしている

 

ひきこもりのこと書くとどうしても暗くなっちゃうな ちょっとそれが悩みかな

 

初めはさ気軽な気持ちで飲み会に行き始めたんだけど

行くたびに勝手に悩んじゃうんだよね

こんな感じのボクで高校卒業できるんだろうか

会社に就職できるのだろうかってね

 

 

 

 

 

 

ボッチの美しさ (2016クリスマスの日の飲み会に行ってみて)

飲み会の疲れで早く寝れた

 

ああ、深夜1時に起きたのは何週間ぶりだろうか

すごく熱いなっと思って目覚めるとエアコンもつけっぱなしで

額に汗をかいていた

飲み会の次の日は朝8時には起きたんだけど

そのあと飲み会に行った疲れで夜の7時に寝てしまった

ラジオでは深夜4時のことを28時っていうから

超朝方というべきなのか夜型というべきなのか

迷うところだが

 

 

 

「らんらん分析」の夢

ボクが好んで見ているブログで元ひきこもり経験者で

今は大学に通っているかたが執筆している

「らんらん分析」っていうブログがあって

「うつ的になって困りました」記事がとっても共感できて

ボクは大好きだ

 

今日起きる前に見た夢なんだけど

夢の中でらんらん分析が「東京新聞」に出たという話になっていて

それは彼が通ってる大学のサッカー部の友情を

彼がブログに乗せたところ

東京新聞にスカウトを受け、記事が新聞に載ったという夢だった

 

今まで明石家さんまやテレビの内容でさえボクの夢の中に

出てきたことがないし小学校4年生くらいの時に

好きな女の子に告白したら

かめはめ波の攻撃を受け振られるという夢を見て以来

ここ10年の間夢なんて見たことがなかった

ボクの無意識の中で「らんらん分析」が

予想以上に影響力のあるものになっているのかもしれません

 

「愛のない読み方」

マンガとか読み始めたのもほんと最近のここ1年くらいの話で

今までひたすらテレビしか見てこなかったんだよね

テレビというか面白いこという人を見ていたんだと思んだ

マンガもこち亀ジャイアントキリング

はほんとに好きだけど

他のは楽しく飲み会で話すためには

自分が色々なストーリーを知ってないと楽しめないと思ったから

意識的に読み始めたんだ

ボクはそういうセコイッていうか

マンガを「愛のない読みかた」しちゃう人なんだよね

 

なぜかテレビに興味示さなくなった

けど最近飲み会でウケることができるようになってから

テレビをほんと見なくなった

なんでなんだろうか

あんなにも夢中になっていたテレビに自分が興味を示してくれない

ちなみにウケて笑わせることと笑うことだけに

コミュニケーションの面白いところがあるわけじゃないことなんて

わかっているから安心してくださいね

 

映画やドラマの感想話に冷や汗

『「逃げるが恥だが役に立つ」をみたよ』って話に大御所Hさんと

業界の10才先輩Yさんと

話していたんだ

でもボクも先輩Yさんも

「みたよ」

の一言しか出なかったんだ

それ以上その話では盛り上げられなかった

 

飲み会に参加していると映画の感想を言い合うところに

割と頻繁に一回飲み会に参加したら1回は必ず出会うんだけど

コイツがボクにとって厄介で

ストーリーを数回見ただけでは喋れるほどまでは

ストーリーを解釈できないんだよね

あー映画とかドラマを語れるようになりたいし

人の感想をもっと聞きたい

これが今年の目標かな

って後今年は5日しかない(12月26日現在)

じゃあ来年の目標だ!

 

「東京のママ」

実は高校に「木更津のママ」と呼んでいる大御所Hさんと

同じくらいの年の先生がいてボクのママはこの地球上に3人も

存在してしまっている

大御所Hさんには引きこもり業界の男子にファンがとっても多いから

「東京のママ」なんていうと集団リンチにあいそうで怖いです

 

本当のボクのママからボクは自立しようと最近は

全くママにご飯を作ってもらってないんだよね

ママは「あなたのご飯を考えなくていいからほんとに楽なのよ」って

言ってた

ご飯を自分で作れるようになったことで料理の楽しさや皿洗いの楽しさ

をしったんです

不思議なもので小学生時代あんなにも毛嫌いしていた家事が

ベットからすんなり起きられる日のボクにとっては

幸せに感じるんだよね

 

大御所Hさんと話して

Hさんの元ひきこもりの息子さんは大学に通ってはいるんだけど

だれとも口きかないで帰ってくるらしいって話きいて

高校時代のボクの感じとまったく一緒だって思って

すっごく聞いていてその話に夢中になりました

ボクがテレビに依存しちゃうこともすっごく聞いてくれて

うれしかった

息子さんもその気があるみたいでそれもあって聞いてくれたんだと

思いますが・・・

 

 

どの感情も理解されないことがすごくつらいこと何となくはしっている

 

先の先の世界

ボクは自立を目指しているのに

最近の勝山先生は

 

「自立からの自立」

 

って本を執筆中らしい

「自立からの自立」って

自立に憧れているボクからすると

先の先の話で

そんな考え方が存在するなんて思いもしなかった

贅沢な考え方だなあ

 

それは将棋界の羽生善治

普通の将棋棋士たちの何手も上を読んでいるかのように

 

勝山先生はボクの何手も先を読んでいたみたいです

 

東京の「ママと姉」

 

ドラマの話では話は全くつなげられなかったけど

それ以外の大御所Hさんの息子さんがボクと同じ年で

「私は東京のお母さんだね」なんて冗談を言ったりしていたら

Aさんというみんなの前でボクのことを「ディーン君ってかっこいいよね」

とかって言ってくる人が

「私は東京のお姉ちゃんだよね」って言われたとき

あんまりたくさん話したことがなかったから

正直、東京のお姉ちゃんと思えなくて焦りました ごめんなさい

 

木更津にも姉って指名した人がいるんだけど

「そういうかわいさじゃないから」って断られました

冗談で言ったんですけど・・・

最近、飲み会でよく

「今日は自家用ヘリでディズニーランドからきました」

っていうんだけど

人によってはウケるんだけど

人によってはいまいちウケないし

大人によっては白い目で見られるのがわかって

冗談通じるひとを見定めることに結構苦労しています

 

ボクは弟がいて一緒に生きてきたから

きっと弟からすればうざいって思ったこともあるんじゃないかな

うざいことした記憶もたくさんあるし言った記憶もたくさんある

兄弟ってそんなモノだと思う

だから口うるさく言われ過ぎないように

家族を作りすぎるのは気をつけた方がよさそうだ

 

 

ボッチ飲み

飲み会内で10分くらい孤独を味わったんだ

結局は先輩Yさんが

「自己紹介のトークよかったよトレーニングとかしてるの」

とかってうまくボクを持ち上げる形で

話しかけてくれてボッチは終了したんだ

気持ち的にすっごい助かった

「3回しか参加していないんだからしょうがないよ」

って励ましてくれました

でそのあと2人で話が盛り上がって

すっごく心に重くのしかかってた

悩みも相談させてもらって

すっごく気持ちが楽になって

男友達が大好きになりました

男友達をこんなに好きになったのは初めてかもしれません

 

 

地元のひきこもり業界の先輩も気づいていてはくれたらしい

実際に声をかけてくれなくても認識してもらえただけで安心するものだなと

気づきましたね

 

ボッチの時間がすごく充実していた

ボッチになったのは中学生の教室と

高校生のクラスにあった派閥に参加できなかった

以来なんじゃないだろうか

あの時はただイライラしてまた人間関係が失敗したと

悔やむだけだったけど

今回はなんでかわからないけど

ボッチも悪くないと思った

最近の飲み会でボクの話が先輩たちにウケる感じを

味わえているからなのだろうか

 

ボッチの時間もずっとだと嫌だけど

今考えるとその時間はとっても大切な時間だと思いました

なんかボッチでいられる自分に酔ってる感じというか

なんか孤独のカッコよさって面を自分の中にないと

なんか自分が完成しない感じに陥ったというか

 

ボッチの時間って周りが何をしているか

だれと話しているかすっごく目に入ってくるんですよ

人間関係の全体図を冷静にみられる感じ

飲み会でほかの人が楽しそうにしている姿を

感じられるあの安心感

積極的に今度からボッチの時間を大切にしないとなって

飲み会で「ボッチタイム」を一定時間作りたいな

ずっとはヤダけどね

 

ボッチを客観的に見れた

ボッチになってみてこんな冷静に客観的に自分を見つめられたのは

初めてだった

飲み会でそれぞれ思い思いの気持ちで話している中で

ひとり?いやもう一人宮城県から来ていた20代後半のあんまり

喋らなそうな髪の長い男性はボクの横で揚げ物とかサラダとかを

ひとりでほおばっていた

ボクと彼の座っていた窓側の部屋の奥のところに

「ボッチゾーン」と言われる

ボッチ専用ゾーンが出現してましたね

アニメのセリフだったかゲームのCMで

パラレルワールド展開!!!!!!!」

みたいなのあったけどボクらが展開したのは

「ボッチゾーン展開!!!!!!!!!」

だったよね

 

ボッチの美しさ

宮城県から来ていた食べ物をほおばっていた人に

話しかけようとは思ったけど

ボクの中で会話に対する「美学」的なものが

飲み会に参加する中で現れ始めたんだ

今まで学校の授業でリコーダーの吹き方とか花の絵を描いていた時

それに家で炒め物やオムライスを作るときに「美学」が現れたことはあったけど

コミュニケーションに「美学」が生じたことなんて1度も出会ったことなんて

なかった感覚だったんだ

 

その美学とは(NHKのプロフェッショナル風)

「ずっと探していた 理想の自分って♪🎶 」ていう

音楽をみなさんには頭の中でかけてほしいです

 

その美学とはあえて話しかけないことによって

もっとその人と話したいっていう気持ちに自分をするってことですね

無理に話しかけるよりも今日この人と話せなかったけど

いつかは話してみたいなって考える方がなんかかっこいいっていうか

気張らずに人間関係をできるカッコよさというか

無理に壁を破らないカッコよさというか

そこに美学を見出しました

ボッチに対してこんな考えをもてるボクって

ほんと生長したんだなって感じます

 

「最低でもディーンはきます保険」 加入者募集のお知らせ

そう、地元の飲み会が発足して3か月をついに超えたました

正直、世話人なんてたいそうな肩書もらったものの

ただ絶対に参加するのがボクの役目でボクは生命保険的な

役割をしていんです

「最低でもディーンはきます」ってね

 

楽しいだけなんてものじゃないよ

もちろん楽しくて参加している

けど、会に参加するにつれて実は楽しさだけじゃないん

だってことに気がついた

自分がどこまで人とかかわれるのか

人とかかわるとどんな感情になるのか

確かめにいってる感覚になる

飲み会はボクにとって

理科の実験で使った「テスター」

の役割でもあると思います

 

 

飲み会が仕事

やっぱ上司の対応が嫌だとか

仕事がマンネリ化してきてあきたとか

仕事には苦しさもあるけど

楽しさもあると思う

 

やりがいがあって

自分が必要とされてる感覚がうれしくて

仕事をすることで

社会とつながれている感覚になって

仕事のことで飲み会で盛り上がれたりして

そういう楽しさも仕事にはあると思う

 

ボクにとって飲み会はそんな感じ

「楽しいだけじゃないけどなくてはならないもの」

なんだと思う

お給料はもらってないけど

今のボクにとっての仕事が「飲み会」なのかもしれないな~