読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20才ひきこもりの 「ディーン」のブログ 『朝サーモン』

☆中学1年生にに不登校を経験し、学校や会社に勤めることなくおうちからほとんど出ずに暮らしている本格派のひきこもりをしています☆ 高校に通いましたが毎日通うことが体は耐え切れず休学しました。そんな本格派のひきこもりがどうにかこうにか社会に溶け込もうとしたりする経験の中から紡ぎ出すエッセイブログそれが「朝サーモン」なのです クフフと思わず笑ったりこの世界は広かったと安心したり考えたりできるブログをゆるーく月1更新とアクセス数はほぼ気にしない運営方針にそって更新中!

「君の名は。」を見て

新海さん

君の名は。」は新海誠監督の描いた作品だ

新海監督は「サマーウォーズ」も手掛けたひとですよね

サマーウォーズの最後方で見せるケンジ君の見せる

計算能力はカッコよすぎたし

キングカズマをはじめとしたオズの世界

すごくほしい

大学の教授をはじめとしたや工科大学の学生さんや高専生の

皆さん未来に実現してください

新海誠監督は平成の「宮崎駿」といった具合ではないだろうか

宮崎駿のコクリコ坂等のジブリ作品の人間の描き方も好きだ

暗殺教室とか黒子のバスケとかのキャラの描き方が嫌いなわけでは

ないけどなんかこのジブリと新海監督の絵は

愛嬌があって特に好きになってしまうんだよね

弟の友達から伝来したテニプリ

けっこう好きだな

越前リョウマ負けなさすぎだし

あのテニプリの技の数々

テニプリのキャラの描き方も結構好きかな

 

新海誠という名前

新海誠っていう名前も新しい海に誠実に求めるって意味に聞こえてきて

新しい映画の海を探してるみたいな気がして

なんだかコロンブスとか海賊とかを想像させてカッコいい

 

アメリカ西海岸にいった高校時代のマッチョ先生がいるけど

海を冒険する人、海の向こう側の大陸を目指す人って

いつの時代もカッコイイんだね

 

「君の名は」の題名の最後につく「。(丸)」を忘れないで上げてくださいね

 

 

君の名は。をみて

瀧くんの体に乗り移った三葉によって瀧くんの女子力が

瀧くん本人よりもかなり上がり

カフェに来ていた迷惑な客がカッターナイフでつけたバイト先の「マドンナ」

的な年上お姉さんミキさんのスカートにできた傷を三葉の乗り移った瀧君が

女子力たかすぎの技術でかわいくデザインまでした柄に縫ってしまう

そんな出来事から

バイト先の「マドンナ」ミキに興味を持たれ

スカイツリーに瀧くんとミキでデートに行く運びまでいくストーリーが

ボクは好きだ

 

皮肉なことに

彗星がの描き方がすきだしこんなきれいな絵を描けるのかと感心しました

輝く彗星の青い光これは本当にきれいだった

クリスマスシーズンでトヨタといったカーショップのイルミネーションが冬本番を迎え

てきたがこの彗星の光もすごくきれいだ

この彗星はこの美しさとは裏腹に街を壊してしまうという運命を背負っている

さみしい男が一番カッコよく見えるのと同じだね

この間イオンに行ったらダイヤモンド売り場に髪の毛を軽く染めた

仕事帰りのOLがアクセサリーをじっと見ていた彼女は

どんな思いでそのアクセサリーをしげしげと見つめていたのだろうか

輝くものはきれいだ

 

けど彗星が落ちてほしくないって

あっやばいこの町の人たち死んじゃうよって思っていたら

助かっちゃうストーリーでホットしました

 

瀧くんと光葉があんなにも体が入れ替わるということで

知り合えたのに

最後は全く関係ない人生を送るっポイのは残念だなー

だってその後も親交があって

夏休みにお互いの友達連れて

みんなで集まってみたいな

ストーリー見たかった

 

けど光葉と瀧君が出会えたのは

彗星が墜落するという運命があってこその話

墜落しなかったというストーリーになってしまった

ことで光葉と瀧くんは出会わないことになってしまった

彗星は墜落してほしくないけれど

瀧くんと光葉はその後も仲良くしてほしかったのに

どっちも良いところだけを切り取った

彗星は墜落しないけれど

瀧くんと光葉はつながったままというストーリーでおわってくれー

 

飲み会で話した「君の名は。

 

飲み会で「君の名は。」の話をしたら

お姉さまがたの映画を見た感想がそんなこと思っていたのかと

感心して聞きほれました

やっぱり人と話すのって楽しいですよね

だって自分の思いもしない意見が聞けたのですから

そして国語力ありすぎのお姉さまたちの感想に超嫉妬しました

h新聞のI編集長の話にも面白すぎて楽しんだけど嫉妬しました

絶対25歳までに先輩たちみたいに面白可笑しく飽きさせないように

話せるようになってやるから待ってろよ

ひきこもり業界の方々

 

お姉さま方の感想

お姉さま方は

あんな終わり方は嫌だ

だって隕石が落ちたのにパラレルワールド的なもので

隕石が落ちたことがなしになってしまっていて

君の名は。」の彗星が落ちてくるという災害は東日本大震災のことを

実は描いていて

東日本大震災の被害を受けた人にたいして失礼なんじゃないか

と語っていたり

 

あるお姉さまは数千人単位のところに隕石落とすのではなくて

50人程度の村に落として少しの被害でした

というストーリーの方がよかったんじゃないか

 

と語っていた

 

まさか東日本大震災を彗星が落ちるという災害という形に暗示させて

描いていたとはボクは気が付かなかった

 

ド田舎のカフェって

ヴェルサイユ宮殿にバラ積みにいってきた 

あるおばあちゃんと葬式の合間に話していたら

「納税してくる」と言ったので何のことかなって思ったら

タバコ吸いに行ってたり

 

12月の飲み会でボクはトイレに行くとき

「バラをヴェルサイユ宮殿に摘みに行ってくる」

といって帰ってくると

「日頃の家事お疲れ様」と言ってお姉さま(保護者)方2人に

バラを渡すふりをしたのですが

あるひとりのお姉さま(保護者)が

「私には2本しかないじゃない」と

ヤンキーのようにからんできました

さらには2人以外のお姉さまが

「私にはないの?」とからんできたので

カーネーションあげます」ととっさにボクは言いました

この世は戦乱の世ですね

 

あるフランス顔のイケメン君が「アジサイつんでくる」と

言ったそうでそのときは7月でなんと彼は「アジサイ」というその月の季語を

盛り込んできたらしいのです(聞いた話)

平安時代だったら「盛り込んできたけり」って言うはずです)

なんと素晴らしい さすがおしゃれ大国フランスの血が騒いだんでしょうね

 

 

本題に戻りましょう

君の名は。」の中で

光葉の友達の男子が

「カフェ行こうぜ」といい

その友達の女の子が

「この田舎にカフェなんてあったっけ」

というシーンがあるんですね

その男子のいう「カフェ」ってなんのことだと思いますか

 

なんと自販機と古びたコカ・コーラのベンチのことをいってたんですね

 

こんな感じで言い換えを見つけることが「君の名は。」の中でできました

「財宝を探しているのではない 言葉を探している」という言葉をもとに

ボクは自称「言葉探しのインディージョーンズ

って名乗ろうかな?

 

君の名は。」に教えてもらったこと

東京駅のプラットホームを出たり入ったり行き交う新幹線

を上からドローンで映すシーンがあってそれを見たときに

人間の血液の流れに見えたんだよね

そのときに社会って一つの生き物なんじゃないかなって

みんなで協力して助け合って生きているんだなって

あの映像は語っていた気がする